在宅プログラマには定年という概念がない

在宅で仕事をするプログラマには、基本定年というものは存在していません。多くがフリーランスで働いているので、65歳を過ぎても能力さえあればいくつまででも仕事はしていけるのです。

もちろん、歳を取れば取るほどケアレスミスも増えていきますし、仕事は大変になります。しかし、アメリカなどのIT先進国でもお年寄りがまだまだ現役で頑張っている現状があります。これからは少子高齢化になっていくので、お年寄りが力を発揮してくれることを社会も望んでいます。在宅プログラマの場合には仕事ができなくなることを考える必要はありません。

今後は会社勤めをしていた人たちが続々定年退職してきますから、より一層フリーランスのプログラマはその数を増やすことでしょう。老後の暇つぶしにもプログラミングは持ってこいだからです。指先を動かしていると脳に刺激が与えられますから、痴呆症の発症を数年遅らせることができると言われています。

自宅にいながらにして社会と繋がっていけるので、孤独感を和らげる役割も果たしてくれるはずです。メリットがとても多いですから、若いうちにプログラミングをマスターしておくのはとてもいいことです。年金が将来どうなるか分からないので、老後も働ける仕事を選ぶというのは人生設計の面からしても非常に優れているのです。

特に自営業をしていた人は厚生年金に加入していない場合が多いので、老後も少しずつ働いていけると生活が楽になります。そういった面でも在宅で事業を営むというスタイルは近年人気を上げている働き方なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です